9月1日は防災の日

本日9月1日は、「防災の日」です。

防災の日とは、「台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」日であり、防災の日を含む1週間を防災週間としています。

制定は1960年(昭和35年)。結構古くからあるのですね。この前年、1959年には、全国に甚大な被害を出した伊勢湾台風が到来していました。 9月1日としたのは、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災に因んでです。

八王子市は、西に高尾山をはじめとする山々を構え、南に多摩川、中央に浅川を有する自然豊かな環境です。皆さんが安全で安心して暮らせるよう、道路や護岸の整備の多くの部分を八王子市が行っています。

一方で、近頃の気象の変化は数年前では考えられないくらい変化しており、台風、ゲリラ豪雨、落雷など、油断ならない状況でもあります。

「今まで災害が起こらなかったから大丈夫」と安心してはならない状況だと思います。

本日は「防災の日」、この日をきっかけに、身の回りで起こり得る災害を想像し、その心構えと準備をしてはいかがでしょうか。

そして、私たち八王子防災プロジェクトも、市民の皆さんの安心に繋がるよう、邁進いたします。

八王子市・防災情報 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/emergency/bousai/m12873/index.html

新着記事
アーカイブ
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon